天妙国寺について

歴史と沿革

天妙国寺縁起

顕本法華宗 鳳凰山 天妙国寺は、日蓮大聖人の直弟子である天目上人によって、弘安8年(1285年)に創建されました。

その山号は、堂宇建立の際、天より鳳凰の羽が舞い降りてきたという逸話に由来しています。 また寺号は、『妙法蓮華経』の力をもって国家安穏を祈るという意味を込めて、はじめ「妙国寺」と名づけられ、のちに「天妙国寺」へと改称されました。

天妙国寺は、第二祖・日叡上人の代に顕本法華宗(けんぽんほっけしゅう)の開祖である日什大正師の門流に帰属。その後は時代の有力者たちの庇護を受けながら、長きにわたって多くの人々の信仰を集めてきました。

当寺が立つ品川の地は、古くから交通の要衝として栄えたことで知られています。その中でも15世紀中頃に豪商・鈴木道胤の寄進によって建立された五重塔を含む七堂伽藍は、堂々たる偉容を誇り、この地の象徴として人々に広く愛されました。

徳川将軍家と天妙国寺

当寺を語る上で欠かせないのが、徳川将軍家との深い関わりについてです。

徳川家康公が江戸入府の際、一夜の宿とされたのが、まさに当寺でした。それをきっかけに徳川将軍家との深いつながりが生まれ、江戸幕府より寺領十石の寄進を受け、二万二千坪の拝領地を有していました。

中でも三代将軍・家光公は実に44回にわたって来遊されたと、当寺所蔵の『御三代御成の覚』は伝えています。

慶長19年(1614年)の大風により五重塔が倒壊した際に、すぐさま再建の命を下されたことからも、家光公の当寺に対する敬愛の念が伺えます。

その後、五重塔は元禄15年(1702年)の江戸大火によって残念ながら焼失してしまいましたが、当寺は今も変わらず品川の地で、人々の幸せと国家の安寧を願いつづけています。

顕本法華宗の教え

  • お釈迦さまを教主と仰ぎ、日蓮大聖人を宗祖、日什大正師を開祖として、経巻相承を宗是とする。
  • 宗祖が定められた大曼陀羅を御本尊として、篤く三宝に帰依する。
  • 妙法蓮華経と宗祖の御書を、教えの依りどころとする。
  • お釈迦さまの大慈大悲を信じて、努めて、菩薩の行を実践する。

天妙国寺の歴史

1285年(弘安8年) 宗祖日蓮大聖人中老・天目上人、妙国寺を建立
1444年(文安元年) 天妙国寺第二祖・日叡上人の時、日什門流へ帰属
鈴木道胤、大檀那となり本堂など、伽藍を整備
1459年(長禄3年) 鈴木光純の発願により五重塔を建立、七堂伽藍整う
1614年(慶長19年) 大風(台風)の為、五重塔倒壊
1634年(寛永11年) 徳川家光の命により、五重塔再建
1702年(元禄15年) 大火の為、五重塔焼失
1941年(昭和16年) 時の政府の命により日蓮宗と本門宗と合同
天妙国寺は日蓮宗本山の1つに定められる
1947年(昭和23年) 日蓮宗より脱退し、再び顕本法華宗として独立
天妙国寺も日蓮宗より脱退し、再び顕本法華宗に戻る

宗名由来

宗章紋:三つ竜胆橘(みつりんどうたちばな)

私たちの宗派「顕本法華宗(けんぽんほっけしゅう)」は、室町時代に開祖日什大正師によって開かれました。

このころ日蓮大聖人を宗祖とする宗派が林立していましたが、各宗派とも固有の宗名を持たず、法華宗・日蓮法華宗などと名乗っており、私たちの宗派は法脈を区別するために「日什門流」「妙満寺派」などの通称を用いていました。

明治9年(1876)、私たち日什門流は「日蓮宗妙満寺派」を公称しますが、明治31年(1898)に宗派の教義をより明確に表す「顕本法華宗」に改称し今日に至ります。

宗章紋:三つ竜胆橘(みつりんどうたちばな)

宗名の「顕本」とは、「開迹顕本」という法華経の教えを表現した言葉からとられたものです。その意味は、「インドでご入滅されたお釈迦さまは、本当は今もなお永遠の命を持ち続け、常に人々に慈悲の心を注いでいらっしゃる」ということであり、法華経の中心である「寿量品」の中にはっきりと説かれています。

の寿量品に示されたお釈迦さまを「ご本仏」と仰ぎ、お釈迦さまが説かれた最も深い真実の教え―法華経を、純粋に受け持ち続けている宗派、それが私たち顕本法華宗なのです。

ご挨拶

当山は今を去る730年以上の昔鎌倉時代に創建された寺院です。
私で第43代目となります。
室町時代から江戸時代にかけて大変隆盛を極め、江戸を代表する寺の一つと数えられていました。
今から6年前の平成24年に時代の要請と共に永代納骨堂を建設しました。

人、家族のあり方は様々ですが、供養する心は不変。
これだけは変わって欲しくはありません。
法華経の中に「不染世開法、如蓮華在水」という言葉があります。
蓮の花は泥沼にあっても美しい見事な花を咲かせます。
私達も世間の事に追われる日々でも、決してそれに染まったり流されたりせず、
信念を持って一人一人各々の色で見事な花を咲かせたいものです。
それぞれ違う種を持つ人なのだから。

顕本法華宗 鳳凰山 天妙国寺 第43世 住職 藤﨑 行学

お問い合わせ

永代供養納骨堂・合祀堂のお問い合わせ

0120-961-258







一般墓地・法事・その他のお問い合わせ

03-3471-7921

※開苑時間/午前9時~午後4時30分(年中無休)

お問い合わせ