東京都で墓地、永代供養納骨堂をお探しなら品川の天妙国寺・鳳凰堂へ。宗旨宗派は問いません、資料請求無料です。


トップページ > 歴史と沿革 > 歴史と由来

歴史と沿革

 
天妙国寺縁起  
 

顕本法華宗・鳳凰山天妙国寺は、弘安8年(1285年)に、日蓮大聖人の直弟子である天目上人により創建されました。堂宇建立の時、天より鳳凰の羽が舞い下りてきところから山号を「鳳凰山」と名づけ、また、本宗所依の経典である『妙法蓮華経』により国家安穏を祈る精舎として寺号を「妙国寺」と名づけましたが、現在は天妙国寺と改称しています。
天妙国寺は、第二祖・日叡上人の代に、顕本法華宗の開祖である日什大正師の門流に帰属、その後は各時代の有力者の外護を受け、特に15世紀中頃、品川湊の豪商・鈴木道胤の寄進により五重塔を含む七堂伽藍が建立され、品川郷に輪奐の美を誇りました。
江戸時代には、幕府より寺領10石を寄進され、2万2千坪の拝領地を有していました。当寺所蔵の『御三代御成之覚』 には、徳川幕府の初代将軍・家康は1回、二代将軍・秀忠は2回、三代将軍・家光は44回の来遊があったと記録されています。特に三代将軍家光はその来遊の数多きに加え、慶長19年(1614)の大風により倒壊した五重塔の再建に協力するなど、家光と天妙国寺との関係が深く示されています。しかしながら、家光により再建された五重塔は元禄15年(1702)の江戸大火により類焼してしまいました。その後、何度か五重塔の再建が計画されましたが、度重なる江戸の火事や幕府の財政立て直し等の障害により、ついに再建されることなく、今日に至っています。

写真1
写真2

写真3
   
顕本法華宗の教え
  1. お釈迦さまを教主と仰ぎ、日蓮大聖人を宗祖、日什大正師
を開祖として、経巻相承を宗是とする。
  1. 宗祖が定められた大曼陀羅を御本尊として、篤く三宝に帰依する。
  1. 妙法蓮華経と宗祖の御書を、教えの依りどころとする。
  1. お釈迦さまの大慈大悲を信じて、努めて、菩薩の行を実践する。
   
天妙国寺の歴史
 
* 1285年(弘安8年)

宗祖日蓮大聖人中老・天目上人、妙国寺を建立

* 1444年(文安元年) 天妙国寺第二祖・日叡上人の時、日什門流へ帰属
同 年

鈴木道胤、大檀那となり本堂など、伽藍を整備

* 1459年(長禄3年)

鈴木光純の発願により五重塔を建立、七堂伽藍整う

* 1614年(慶長19年) 大風(台風)の為、五重塔倒壊
* 1634年(寛永11年) 徳川家光の命により、五重塔再建
* 1702年(元禄15年)

大火の為、五重塔焼失

* 1941年(昭和16年)

時の政府の命により日蓮宗と本門宗と合同

 

天妙国寺は日蓮宗本山の1つに定められる

* 1947年(昭和23年) 日蓮宗より脱退し、再び顕本法華宗として独立
  天妙国寺も日蓮宗より脱退し、再び顕本法華宗に戻る

 

徳川将軍家と妙国寺(天妙国寺)  
 

当寺には、天正18年(1590年)8月、豊臣秀吉の命により徳川家康が江戸入府の際に前日に天妙国寺に
泊まられた事から、徳川将軍家との深い繋がりが出来た。それにより寺域や門前町が拝領地となった他、
最初の朱印状が交付され翌天正19年11月「徳川家康寺領寄進状」により10石の寺領を寄進された。
また、初期には、堂舎の修築は幕府の作事奉行の手で行われた。
当寺所蔵の『御三代成之覚』には、初代徳川家康が1回、二代徳川秀忠が2回、三代徳川家光が44回、
合計47回の将軍家が泊まられた事が記録されている。

 

 

 

 

東京都で墓地、納骨堂をお探しなら品川区にある天妙国寺鳳凰堂まで、1285年創建、徳川家ゆかりの寺院です。宗旨宗派は問いません、
墓地・永代供養納骨堂 天妙国寺鳳凰堂 〒140-0004 住所東京都品川区南品川2丁目8番23号 tel0120-961-258