音丸
本堂写真

おとまる、1906年(明治39年)12月8日 - 1976年(昭和51年)1月18日)は、大正期、昭和時代に活躍した日本の歌手。本名は永井満津子。東京市麻布箪笥町生まれ。
1906年(明治39年)12月8日、老舗の履物屋の一人娘として生まれる。
常磐津の名取りだった祖母は彼女が6歳になった6月6日から常磐津と舞踊を習わせた。13歳の時に美声を買われて橘流筑前琵琶を修行、旭翁派の名手としても知られるようになる。17歳のときには春日派の小唄を始めている。
その歌を聞いた古賀政男は当時重役をしていたテイチクに誘い「泪の京人形」を吹き込ませた。ちょうどその頃小唄勝太郎、市丸、赤坂小梅などの芸者歌手が一世を風靡していたが、芸者歌手は地方巡業に際して時間拘束として莫大な花代がかかることから、苦肉の策として芸者と同じく小唄や端唄を歌わせても遜色のない筑前琵琶をたしなむ女性をさがしていたところ、下駄屋のお内儀である彼女に白羽の矢が立ったのだ。
「おけさくづし」 「主は国境」「満洲想えば」「満洲吹雪」「君は満洲」などの満洲もの「船頭可愛や」「下田夜曲」 「博多夜船」次第に出演依頼やレコードの吹き込み、ラジオ・映画の出演に多忙となり生活も派手となり家業の下駄屋は人手に委ね下駄屋の養子となっていた夫とも協議離婚し音丸は歌一筋の道を歩み始める。
その後弁士の井口静波と再婚し二人は二枚看板で全国を慰問、興業に歩いた。太平洋戦争後も全国巡業が続き、1947年(昭和22年)には高知で当時前座を勤めていた美空ひばりがバス事故にあった際の座長もつとめていた。
音丸の芸名の由来は「音は丸いレコードから」という洒落にちなんで名付けられた。
1976年(昭和51年)1月18日午後12時30分に世田谷区世田谷のマンションで急性心不全により死去。69歳没。
墓の横には舟の帆をかたどった碑がある。この碑は音丸の生前に作られ、「船頭可愛や」の一番の歌詞が音丸の直筆によって彫られている。