東京都で墓地、永代供養納骨堂をお探しなら品川の天妙国寺・鳳凰堂へ。宗旨宗派は問いません、資料請求無料です。


トップページ > 墓碑銘の人々

墓碑銘の人々

 
桃中軒雲右衛門(1873〜1916)
本名、岡本峰書。明治時代の浪曲界の先駆者で浪花節中興の祖。
  「赤穂義士伝」を得意とした。墓は、五輪塔型。
伊藤一刀斎(一説に1560〜1628)
一刀流の祖で、33回の真剣勝負に一度も敗れなかったという。
慶安2年(1649)の銘のある板碑型の墓。
遠州流元祖本松斎一得の墓 

江戸時代中期〜後期の華道家。

鳶頭のお祭り佐七
四世鶴屋南北作「心謎解色糸」に登場する鳶の頭。墓は、梵鐘型。
切られ与三郎 芳村伊三郎(生没年?)
・歌舞伎「世話情浮名横櫛」の主人公、斬られ与三郎のモデルという。
・実際は4代目芳村伊三郎という長唄の師匠。
音丸
・大正期、昭和時代に活躍した日本の歌手。本名は永井満津子。
・東京市麻布箪笥町生まれ。
3代目 鶴賀新内(?〜1841)
・新内節の創始者・鶴賀若狭橡の弟子で、文化12年(1815)に3代目新内を襲名。
・中興の祖といわれる。
本多日生(1867〜1931)
・天妙国寺第36世住職で仏教学者。日蓮宗各派の統一と大衆への布教に努めた。
・墓は歴代住職の墓域のなかにある。
 

 

 

 

 

東京都で墓地、納骨堂をお探しなら品川区にある天妙国寺鳳凰堂まで、1285年創建、徳川家ゆかりの寺院です。宗旨宗派は問いません、
墓地・永代供養納骨堂 天妙国寺鳳凰堂 〒140-0004 住所東京都品川区南品川2丁目8番23号 tel0120-961-258